車 売却

車売却で確実に10万円以上得する方法を大公開

車売却で確実に10万円以上得する方法を大公開

車査定と走行距離

 

車査定と走行距離について。
車査定で重要になるポイントのひとつに、“走行距離”があります。
走行距離が何故車査定に関係してくるのか・・・?

 

 

走行距離を査定する際、メーターを見ればすぐに判断できます。
ですので、正直のところ、
走行距離に関しては素人でも判断することができます。
どれだけ走ればマイナス査定になってしまうのか、
把握しておけば、査定額もグンとアップすることができますよ。

 

 

 

一般的に、走行距離が査定額に影響するのは、5〜7万kmと言われています。
この距離を境に、マイナス査定になりますので、
少しでも高額査定を狙うなら、
あまり車を運転していないほうが得と言うわけです。
また、古い年式で走行距離が少ない場合などは、
プラス査定になる場合もあり、
それくらい走行距離は、査定額に響いてきます。

 

 

 

とはいっても、車を毎日使う人にとっては、
走行距離を5〜7万kmに抑えるのは大変ですよね。
この場合、走行距離以外で高額査定を狙うと良いでしょう。
走行距離は土地柄的に距離を維持するのは難しいですから、
あくまで参考程度にしておくと良いでしょう。

 

タコマ(トヨタ)とは、
トヨタが北米で製造と販売を行っている、ピックアップトラックです。
1995年に登場し、現在は2代目を2004年から販売しています。

 

 

 

タコマは、もともと「ハイラックス」の北米仕様になります。
タコマとして登場してからは、
フロントデザインが大幅に変更されました。
幅広いモデルがあり、実用性のある仕様や、
スーパーチャージャーを搭載したスポーツモデルなどもあります。
また、大半のグレードにV6ガソリンエンジンが設定されていますが、
ディーゼルエンジンの設定はありません。

 

 

トランスミッションは、
・5速フロアMT
・4速フロア/コラムAT

 

 

の2種類設定され、2001年にマイナーチェンジが行われました。
マイナーチェンジで、個性的なフロントグリルが与えられました。

 

 

 

2代目モデルは、「2005年モデル」として2004年に登場し、
大型で威圧的なフロントグリルと、ヘッドランプが与えられました。
エンジンは、2.7L直4のATR-FE型と、4.0L V6の1GR-FE型が設定されました。
これらは、フロア5/6速MTまたはフロア4/5速MTと組み合わされます。

 

 

2008年秋からは、フェイスリフトを受けた2009年モデルも発売されました。

 

エブリイランディ(スズキ)とは、
スズキが過去に生産していたミニバン型・乗用車です。
発売当初は、ワゴンR+に揃え、
「エブリィ+」というネーミングがつけられていました。
しかし、2001年のマイナーチェンジで、
「エブリィランディ」に改名されました。

 

 

ベースは、同社のセミキャブオーバー型・軽ワゴンの「エブリイ」
前面衝突安全基準に適合させるために、
フロントエンドが延長されました。
その他、1300ccエンジンの採用や
7人乗りの小型車へ仕立て直されました。

 

 

 

誕生は、1999年6月17日。
12月3日には、特別仕様車である「リミテッド」が発表され、
テレビ付きカセットステレオや大型乗降グリップ、
大型サイドステップなどを装備しました。
また、リヤドアには、パワーウィンドウを設定するほか、
小物などの収納スペースであるオーバーヘッドボックスが設定されました。

 

 

 

2000年5月17日に、一部を改良。
フロントフォグランプやり屋コンビネーションランプに、
マルチリフレクター式を採用しました。
その他、さまざまな装備が採用され、質感が向上しました。
さらに、同年11月15日には、
特別仕様車の「リミテッドII」が発表されました。

ホーム RSS購読 サイトマップ